ご挨拶

日本法中毒学会第37年会を、平成30年7月6日(金)および7日(土)の2日間にわたり昭和大学上條講堂(東京都品川区)で開催することになりました。本学会年会を昭和大学薬学部毒物学部門でお世話させて頂くのは、第1回(年会長:昭和大学名誉教授 黒岩幸雄 先生)、第27回(年会長:昭和大学名誉教授 吉田武美 先生)に続き3回目となり、大変名誉なことと存じます。

今回の年会では、特別講演として最高検検事 城祐一郎 先生をお招きし、中毒鑑定上の法的な問題の取扱いについて、法律の専門家からのご意見を頂戴したいと思います。また、初めての試みとして本学会と専門性が一部重複する日本中毒学会との合同シンポジウムを企画しており、二つの学会の得意分野と不得意分野を整理しつつさらに発展させるための議論を深めたいと思っております。さらに、次代の本学会を担う若手の先生方によるシンポジウムも企画させて頂いております。このほか、例年通り薬物分析、薬物検査技術や薬物ドーピング、臨床中毒、薬物動態など幅広いテーマを一般演題として募集する予定ですので、日ごろの研究成果を奮ってご発表頂き、技術や情報の交換を行って頂ければ幸いです。

会場の昭和大学旗の台キャンパスへは、品川駅から東急線旗の台駅まで最短12分(乗り換え込み)、旗の台駅から徒歩8分で到着します。また、眺望良好なレストランでの懇親会も予定しておりますのでご期待ください。

若手研究者、学部学生・大学院生にもお声がけいただき、多数の先生方のご参加・ご発表により活発な討論の場となり、年会が大いに盛り上がることを期待しています。

第37年会 年会長 沼澤 聡
(昭和大学薬学部毒物学部門)

会期

2018年(平成30年)7月6日(金)~7月7日(土)


      • 理事会 :7月5日(木)13:00~16:30 昭和大学1号館6階会議室
      • 評議員会:7月5日(木)16:45~17:45 昭和大学1号館7階講堂

理事会・評議員会に関するお問い合わせは、学会事務局(名古屋大学法医学教室)にお願いします。

学会会場

昭和大学旗の台キャンパス 上條講堂

東京都品川区旗の台1-5-8(東急大井町線・池上線旗の台駅東口下車徒歩5分)


懇親会会場

タワーレストラン昭和(運営:帝国ホテルグループ)

昭和大学入院棟17階


会場周辺観光案内

しながわ観光協会